キエピノコ の ちいさなお話

韓国ドラマ、映画など、日々のことを紡いでいます。

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」

「ホジュン~伝説の心医~」

ホジュン~伝説の心医~」

ホジュン~伝説の心医~」
実在した医師、ホジュンの一生を描いた本作。

事実をもちろん脚色してありますが、非常に面白かったです。
医師の道へ迷いものなくまっすぐ進む姿が素晴らしく
さまざまな困難やいじめなどが待ち受けていますが
乗り越え進んでいきます。それも支えてくれる女性の力もあります。

みた後に、wikiなどで調べたりするのも歴史物の面白さのひとつですね。

【以下、ラストまでがっつりネタバレ】

 

 

 

 

 

 

はじめは、無法者のホジュンが医師として進むことを決意し
さまざまな試練を乗り越えていく姿は本当にかっこいい。
差別、貧困の差など、昔の韓国はずいぶんひどいな(日本もかな)と思いながら
がんばる姿には感動します。
そして、奥様と女医の存在が彼には大きいよう。
実際はもうすこしドロドロしていたようですが、2人とも献身的に彼を支え続けます。
それも彼が素晴らしい医師の道へ進めた理由ではないでしょうか?
ラストは、彼は伝染病にかかってしまいながらもそれを隠し医療を続けます。
(患者にうつらないかい?)というツッコミは置いといて・・
そして、医療の最中に永遠の眠りにつきます。
最後の最後まで、医師だったわけですよ。
そして、彼をずっと思い続けた女医も生涯1人のまま彼を尊敬し続けます。
感動しましたけれど、悲しいラストでもあります。

また、ホジュン役の彼は不慮の事故でなくなってしまっているようです。
それも悲しいです。

ただ、ちょっと笑えるのが馬にのらないんですよね。
なにか事情があったのかな?馬にのるシーンになるとアップになって馬の頭がうつるんですが、あきらかにぬいぐるみです笑

そんなところも見所のホジュン。長いけど飽きずに楽しめますよ!